スマホコミックが増えてくる時代へ

 

出版という分野は、徐々に苦しい状態となっています。売上の減少に歯止めがかからないようになってきて、紙で出すことの難しさが生まれつつあります。

 

そこで漫画というジャンルを配信し続けるために、スマホコミックに手を出している会社が増えています。スマホコミックという形で提供することによって、雑誌として提供する必要性がなくなるという部分があるためです。

 

将来的なことを考え、配信という部分に打って出た所も多数あります。スマホコミックはスマホはもちろん、タブレットでも漫画を読むことができるだけでなく、コンテンツの配信を速やかに行うことができます。

 

このような電子サービスの方から利益を作っていくことも、出版業界に求められつつあることでもあります。

 

これからもスマホコミックはどんどん増えてくると思いますし、漫画を読める環境というのは、どんどん変化していく可能性があります。

 

紙で読んでいる時代から、次はスマホコミックを利用して読むという時代に変わるのかもしれません。

漫画サイトを試した

 

先日アニメを見ていたらだんだんコミック版も読みたくなってきて、ふとスマホで利用可能な漫画のサイトを試してみました。

 

初めての利用でしたが、すんなり使えるもんですね。しかし漫画を見つけるまでの道のりは長かった・・・。最初チェックしたサイトは欲しい漫画がなかったので次のサイトへ。

 

このような感じでどんどん探してようやく見つかった。最初からヤフーなどで検索する方が早かったなとちょっと後悔したけど、まあ見つかったので良しとしよう。

 

結局めちゃコミのスマホサイトで見つけた。このサイトのスマホのビューアも結構好きな感じです。ちょっとお気に入りになるかもしれない。

 

目的の漫画を読んで満足して、その後ちょっとサイトをうろうろしていると面白そうな漫画を発見したのでついついまた買ってしまった・・・。

 

このような漫画サイトってあらゆる誘惑があるので気をつけないといけないかもしれない(笑)しかし満足しているので電子コミックはおすすめできますね。

ガンダムシリーズの漫画

 

ガンダムシリーズの中に、新機動戦記ガンダムWという作品がある。あの新世紀エヴァンゲリオンと同じ1995年に放送された。

 

そして現在に至り続編小説が連載中。その世界観を補完、拡張し続けている。その現在進行形メディアミックスの一つが漫画版「エンドレスワルツ敗者たちの栄光」である。

 

この漫画は、原作に入れられずメディアミックスに回さざるを得なかった主人公達の過去、設定等をまとめて再構成した新訳ガンダムWである。

 

原作の流れを追っていながら、細部の違いにより先が非常に気になる。原作をTVで観ていたファンなら分かるだろう、強力な次回への引きが健在だ。

 

原作ファンもそうでない人も、読む価値ある作品である。

更新履歴